お歳暮の時期的な問題

日頃の感謝を込めて、お世話になった人への贈り物をするのがお歳暮の趣旨ですが、ことばそのものからもあきらかなように、基本は年の暮れに行うべきものとなっています。このような季節の贈答は、かならず適切な時期が決まっており、それは現在でも踏襲されています。お歳暮の場合は、12月に入ってから、相手にお渡しするようにすることが基本で、あまり早すぎても受け取る側が混乱してしまいます。また、遅くとも12月の終わり、要するにその年のあいだに渡すことができるようにしておくこともたいせつです。

一般には12月25日ごろまでには済ませたいところですが、どれほど遅くても31日までがリミットになります。場合によっては、年が明けてしまってから贈答をすることも有りえますが、この場合はお歳暮というよりも、年賀のごあいさつの一環として捉えたほうがよいといえます。年賀の場合であっても、いわゆる松の内として、正月を迎えるための松飾りが撤去される前の時期には相手に渡すことが重要です。このように、お歳暮の場合は相手に渡す時期は重要となりますが、特に吉凶の日取りについては、あまり意識しなくてもよいでしょう。

結婚式などの儀式とは違って、単に相手への感謝の気持ちを伝えるための手段に過ぎないためです。もっとも、日取りにもこだわりたいのであれば、たとえば大安などの、物事を行う上で吉とされている日取りを選ぶようにすれば、まず間違いはないといえるでしょう。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です